今すぐお金が必要で今日中にお金を借りたいあなたへ

お金がない!どうしても今すぐ現金が必要!そんなピンチが訪れることは、誰にでもあることです。

そんなとき、今日中にお金を用意する方法を知っておけば慌てることはありません。

今日中にお金を借りる方法をご紹介しますので、今日中にお金が欲しい人、どうしてもお金が必要で困っている人は是非参考にしてください。

また、数日かかってもいいからできるだけ金利が低い借入先も知りたいという方のために、できるだけ早く借りられる方法でなおかつ金利が低いものもあわせてご紹介します。

今日中にお金を借りるなら消費者金融カードローン

お金を借りる方法の中で、今日中に借りられる最も早い方法は消費者金融カードローンです。

審査時間は最短30分ほどなので、契約手続きを含めても最短60分、長く見積もっても数時間でお金を借りられます。

早い時間に申し込めば当日中に融資してもらうことも可能なので、急いでいる人にはぴったりの方法です。

WEB完結で在籍確認もなし!SMBCモビット

SMBCモビットにはWEB完結でわずらわしい在籍確認の電話をなしにする方法があります。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている人で、健康保険証があればWEB完結が可能です。

WEB完結にすると書類で在籍確認を行ってくれるので、職場に電話がかかってくるタイミングなどでドキドキすることがありません。

また、SMBCモビットでは、特に急いでいる人のために審査を急いで開始してもらう方法があります。

WEBで申し込んだらコールセンターに電話をしてください。急いでいる旨を伝えるとすぐに審査を始めてくれます。

土日でももちろん審査はしてくれますが、公式サイトには「月〜金の19:00までの申込」の場合に審査が最短30分になると書いてありますので、できるなら平日の方が審査が早い可能性があります。

◆SMBCモビットのお急ぎポイント
・WEB完結にすれば電話はかかってこない、カード発行もなし
・月曜〜金曜の19時までに申込で最短30分審査
・10秒で簡易審査結果表示
・申し込み後に電話ですぐに審査開始

【SMBCモビットカードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上69歳以下
申込要件 安定した収入のある方
アルバイト、パート、自営業も可
実質年率 3.0%〜18.0%

アプリが便利なプロミス

プロミスも申込をするところから実際にお金を借りるところまで、WEB完結が可能です。カードの発行もなしにできるので郵送物がなく、契約が済めばすぐに借り入れできるようになります。

普通にパソコンなどから申し込んでも良いのですが、プロミスはアプリローンが便利なのでスマホアプリをダウンロードしましょう。スマホ一つで全ての手続きができるようになります。

ひとつ、スムーズにクリアすべきは在籍確認の電話です。プロミスでは、審査の中で在籍確認の電話がありますので、平日会社にいる時間なら特に問題はないと思いますが週末など会社が休みの日は在籍確認ができません。

そこで、申し込みをしたらコールセンターに電話をして、電話以外の方法にしてもらえないか相談してみてください。プロミスは事情次第では在籍確認を電話以外の方法にしてもらえることがあります。

どうしても今すぐお金が必要だけれど土日で会社が休みだという事情を話せば、会社名のわかる書類等で代用してくれる可能性があります。

できれば収入証明書にもなる直近の給与明細などを用意しておくと良いかもしれません。

もちろん平日でも相談に乗ってくれますので、職場に電話されたくない事情のある人は電話してみましょう。

プロミスは他社と比較すると金利が低めなのも魅力です。最高金利が他社はほぼ18.0%ですがプロミスは17.8%ですので、0.2%も低くなっています。

また、プロミスを初めて利用する人で、メールアドレスを登録してWEB明細に切り替えた人には30日間の無利息期間がついてきます。

この無利息期間は実際に出金してから30日間ですので、1日も無駄にすることなく使えるのが大きなメリットです。

◆プロミスのお急ぎポイント
・アプリローンを使う
・書類もスマホでアップロード
・会社が休みの人は在籍確認を電話以外にしてもらうようお願いする
・審査は最短30分、融資まで最短60分

【プロミスのフリーキャッシング】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上69歳以下
申込要件 安定した収入のある方
パート、アルバイトも可
実質年率 4.5%〜17.8%

申し込み方法が豊富なアコム

アコムはWEBから申し込んで審査を受けている最中に自動契約機「むじんくん」に行き、契約手続きが済んだらすぐにカードを受け取るという方法が一番早く借り入れする方法です。

アコムは申し込み方法が豊富で、電話から申し込むことも可能。電話は土日や夜間も対応しているので急いでいる時も便利です。

プロミスと同様に、在籍確認をどうクリアするかが急いでお金を借りるポイントになります。

申し込みの当日中に融資を受けたい場合には在籍確認をクリアしなくてはなりません。

平日で出社している人は良いですが、会社が休みであるとか、仕事柄電話を受けられないという人は、コールセンターに電話をして相談してみてください。電話以外の方法に変えてくれることがあります。

その際は、社名のわかる給与明細書や健康保険証などが必要になりますので、事前に用意しておくとスムーズに審査が進みます。

◆アコムのお急ぎポイント
・WEBから申し込む
・ネットで契約手続きを済ませる
・むじんくんにカードを取りに行く

【アコムのカードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上69歳以下
申込要件 安定した収入と返済能力を有する方
パート、アルバイト、派遣社員でも可
実質年率 3.0%〜18.0%

アイフルは原則在籍確認の電話なし

アイフルは消費者金融の中でもとりわけ審査が早いことで定評があります。

審査時間は最短25分です。しかも、急いでいる人は申し込み後に電話をかけると優先して審査を開始してくれます。

在籍確認の電話は原則として行っていませんし、手続きがとにかくスムーズでスピーディなのが特徴です。

アイフルにも30日間の無利息期間がありますので、初めての利用なら利息が一定期間0円になります。

ただし、契約の翌日からスタートしますので、借りるタイミングと金額には気をつけましょう。必要な分を借りてしまい、なるべく30日の間に返すのがお得です。

新規契約率も2021年は40.1%となっていますので、4割を超える高さがあります。

◆アイフルのお急ぎポイント
・WEBから申し込む
・電話をかけて急いでいると伝える
・優先審査してくれる
・カードも在籍確認の電話もなし

【アイフルのキャシングローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上69歳以下
申込要件 定期的な収入と返済能力を有する方
実質年率 3.0%〜18.0%

レイクALSAは無利息期間でお得になる

レイクALSAに申し込むなら、WEB申し込みが早くてお得です。

レイクALSAの審査結果は最短15秒なので、消費者金融の中で最も早いです。

お金を借りられるまでの時間が最短60分で、平日の21時(日曜日は18時)までに契約手続きを完了すれば、当日融資が可能です。できるだけ早い時間に申し込むことをおすすめします。

ポイントはやはり在籍確認です。土日でも審査がスムーズに進めば即日融資は可能なので、もし休みの日に当日融資を希望するなら会社で電話に出るか、他の方法にしてもらうことはできないか、電話をして相談してみましょう。

事情によっては電話以外の方法に変えてもらえる可能性があります。

他社にはないレイクALSAの特徴としては、無利息期間が選べる点です。最大180日間ありますので、上手に返済すれば元金のみで済むかもしれません。

◆レイクALSAのお急ぎポイント
・WEBから申し込む
・最短15秒で審査結果を表示
・平日21時(日曜は18時)までの契約手続き完了で当日振込可能

【レイクALSAのカードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上70歳以下
申込要件 安定した収入のある方
実質年率 4.5%〜18.0%

消費者金融は怖いというのは誤ったイメージ!安心して利用できる理由

お金は借りたい、でも消費者金融は怖い!という方のために、消費者金融のメリットについてお話しします。

数あるカードローンの中で、即日融資できる可能性があるのは消費者金融カードローンです。

また、使途が自由なフリーローンなので、決められた金額の範囲内であれば何度でも借り入れ・返済が可能です。

金利についても高いというイメージがあると思いますが、法律で決められた範囲内で設定されているので、何も心配することはありません。

申込から借入までWEBで完結

消費者金融カードローンの申し込み方法は色々と用意されています。

昔ながらの郵送や店頭窓口、電話、自動契約機を使った方法などがありますが、現在はインターネットからの申し込みが主流となっています。

各社ともWEBサービスを力を入れてますので、24時間、365日申し込みが可能です。

パソコンまたはスマホを使いますので、来店する必要もなく、家に居ながらにして申し込みから契約、借り入れまですべての手続きができてしまいます。

ですから、借り入れまでの時間も短いのです。

審査は最短30分、最短60分で借入も可能

消費者金融カードローンは、とにかくスピード重視です。もちろんきちんと審査していますので、審査が甘いとか、誰でも審査に通るということではありません。

審査はしっかりしているのですが、年齢や年収など最初に入力する基本的な個人情報については、審査にスコアリングシステムを導入しています。

入力された情報をスコア化して迅速に仮審査が行われ、その後にアップロードされた本人確認書類を人が目視して確認し、在籍確認の電話などを経て審査完了となります。

スコアリングによって審査が早くなり、結果が通知されるまで最短30分、その後の手続きを含めて借り入れまで最短60分というスピード融資が実現しています。

実際に消費者金融カードローンを利用した人の口コミなどをみますと、本当に1時間くらいで借りれた!という声が多いです。

会社が終わってからの時間帯や土日は混み合うこともありますが、平日の日中であれば審査もスムーズに進み、当日中に借りられる可能性が高いでしょう。

担保・保証人が不要

お金を借りるには、通常、返せなくなった時の保証として担保や保証人が必要になりますが、消費者金融カードローンは基本的に無担保です。

その分、銀行の目的別ローンなどと比較すると金利が高めに見えてしまうのですが、そもそもカードローンでの借入はそれほど高額にはなりませんし、金利は日割計算するので借りた日数分しかつきません。

それよりも、保証人を探さなくても自宅から申し込みや借り入れができる、という方が便利でありがたいポイントです。

厳しい取り立ては違法になる

消費者金融というと「サラ金」のイメージが強いので、何か怖いもの、やばいものという誤った認識を持ってしまっている人もいると思います。

確かにテレビのドラマでは、職場にしつこく電話がかかってきたり、強面の男性がドアをバンバン叩いて怒鳴っていたりしますが、実際にはそんなことは起きません。

SMBCモビットやプロミスなど先ほどご紹介した消費者金融は、金融庁に登録された正規の貸金業者です。ホームページを見れば、登録番号が必ず載っています。

貸金業法では、以下のような行為が禁止されています。

  • 人の私生活や業務の平穏を害するような行為
  • 正当な理由がないのに午後9時から午前8時までの時間帯に電話、ファックス、自宅を訪問すること

正当な理由としては、借りた人の自発的な承諾がある場合や、他に連絡手段がないというような場合なので、午後9時以降に押しかけないといけないような正当な理由というのはあまりないでしょう。

つまり、テレビでやっているような厳しい取り立ては違法であり、正規の貸金業者は法律を守って運営されていますので、怖いことは何もありません。安心してください。

そもそも年収の3分の1までしか借りられない

カードローンを安易に使うと、借り過ぎて借金地獄に陥ってしまうのではないかと心配する人がいますが、そうならないために審査を行なっています。

貸金業法には「総量規制」があり、年収の3分の1を超える貸付は禁止されています。ですから申し込みの時に、年収を聞いているのです。

申込者の返済能力を見て、返せる範囲内でしか融資はしてくれません。

カードローンの基本情報を見て融資限度額が「500万円」などと書いてあると、500万円借りられるのか!と思う人がいますが、違います。

500万円借りられる人は、最低でも年収が1500万円以上なければならないことになります。実際、会社員でそこまでの年収を得ている人は、そう多くないはずです。

過剰貸付によって返済されなくなれば金融業者も困るので、返せないような金額は貸してくれません。

利息も法令によって上限が決まっている

消費者金融=金利が高いというイメージもあると思います。

金利は利息制限法と出資法という法律によって決められています。

  • 10万円未満:20.0%
  • 10万円〜100万円未満:18.0%
  • 100万円以上:15.0%

どんなに高くても20.0%です。ですから、これ以上の金利がかかることはありません。

ちなみに、遅延利息の多くは20.0%となっていますが、たとえば通常の金利が18.0%のとき、さらに20.0%が上乗せされるのではなく、18.0%が20.0%になるという意味なので、ご心配なく。

返済方法も柔軟で利用しやすい

消費者金融カードローンは、ユーザーの利便性を考えて返済方法を柔軟に、いくつか用意しているところが多いです。

銀行カードローンですと約定日(決まった日にち)の口座振替が基本になりますが、消費者金融カードローンは、

  • ○日ごとの返済
  • ATMで任意返済
  • ネットバンキング

など、返済方法がいくつかあります。

余裕のある時に自分の都合の良い方法で返済できるのも、消費者金融カードローンの便利なところです。

即日融資希望の人には銀行カードローンはおすすめしない

消費者金融と比較すると金利が低めの銀行カードローンですが、今日中にお金を借りたいと急いでいる人にはおすすめできません。

審査が厳しめの傾向にある

審査の基準は各社とも公開してはいないのですが、金利が低いということは審査が厳しくなる傾向にあります。

特に「年収○円以上」という要件がなくても、パートやアルバイトで年収が100万円に満たない場合には、審査落ちする可能性もあります。

即日融資ができない

また、銀行カードローンは即日融資ができない仕組みになっています。

銀行カードローンでは、申し込みがあると警察庁のデータベースに照会を入れないといけないことになっています。

というのも、かつてみずほ銀行が反社会性力に融資していたという不祥事があり、その反省を踏まえて、申込者が反社会性力とつながりがないことを確認しなければならないとされているからです。

その照会の回答が早くても翌日になってしまうため、銀行カードローンでは即日融資ができなくなりました。

ですから、どうしても当日中に融資して欲しいという人には向いていないのです。

翌日以降でも審査がスムーズで金利を抑えたい人におすすめのカードローン

銀行カードローンでも審査が比較的早いのは、ネット銀行です。おすすめのカードローンを2つご紹介します。

楽天市場でよくお買い物をする人は、楽天銀行カードローンが良いでしょう。

楽天会員のランクに応じて優遇措置がありますので、審査に通りやすい傾向にあります。

入会で楽天ポイントももらえるので、元々低めの金利がさらにお得になる感じです。

ペイペイ銀行は旧ジャパンネット銀行のカードローンです。

金利だけ見てしまうと消費者金融カードローンとあまり変わらないように見えますが、30日間の無利息期間がありますので、実質的に金利を下げることが可能です。

この無利息期間は契約後ではなく、実際に借り入れをしてからスタートするので、無駄なく30日間使えます。

会社名 カードローン 特徴
楽天銀行 スーパーローン ・金利1.9%〜14.5%
・融資限度額800万円
・楽天銀行口座あれば即時振込
・入会でポイントも貯まる
ペイペイ銀行 カードローン ・金利1.59%〜18.0%
・振込は最短30秒
・30日間無利息期間あり
・アプリで借り入れ可能

スマホ一つで借りられるペイサービス等が展開するローン

従来の消費者金融とも違う、老舗の銀行カードローンとも違う、スマホ一つで利用できる新たなローンサービスが増えてきています。

お金を借りるのではなく、クレジットカードのように支払いを先延ばしにすることで実質的に借入したのと同じ効果が得られるサービスも合わせてご紹介します。

LINEポケットマネー

日本人の全世代の利用率が8割を超えるLINEですが、LINEウォレットの中にある「ポケットマネー」はお金が借りられるサービスです。

融資なのでもちろん審査はありますが、審査を通過すればスマホ一つで借入・返済ができるようになります。

LINEポケットマネーのスタートプランは100日間に支払った利息分がLINE Pay残高にキャッシュバックされるので、実質利息が0円になります。

まず、15問の診断をするとLINEの利用状況などからLINEスコアを算出し、一人一人にあった利用限度額を金利がわかります。

1円から借りることができて返済もLINEから行えるのでとても便利です。

【LINEポケットマネー】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上65歳以下
申込要件 安定かつ継続した収入のある方
実質年率 3.0%〜18.0%

au PAYスマートローン

au IDを持っている人が利用できる、au PAYのローンです。

IDを取得するときに個人情報を登録しているので、その情報が反映され、申し込みも簡単です。

さらに金融機関口座を登録すれば、それが本人確認となりますので、書類のアップロードが不要になります。

申し込みから最短30分で審査が完了しますので、メールで送られてきたURLから手続きすればOK。最短で当日融資も可能です。

借りたお金はau PAY残高にチャージすることもでき、au PAYとして使えばポイントも貯められます。

【au PAYスマートローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上70歳以下
申込要件 定期収入のある方
実質年率 2.9%〜18.0%

メルカリのメルペイスマートマネー

メルカリには、2つのメルペイサービスがあります。

1つはお金を借りることができるメルペイスマートマネーです。2021年8月に始まったばかりのサービスで、メルカリアプリから借り入れができます。

融資限度額は最高でも20万円とあまり高くはないですが、ほんの少しだけ借りたいという人には便利なサービスでしょう。

残念ながら即日融資は難しく、審査には通常1〜2日かかります。

借りたお金はメルペイ残高にチャージされますので、メルペイでのお買い物やメルペイスマート払いに利用できます。また、振込申請をすれば現金として受け取ることも可能です。

メルカリやメルペイの取引の実績によって優遇される可能性があるということで、メルカリを利用している人に段階的に表示されるようになっています。

ですから、メルカリユーザーでもメルペイスマートが表示されている人とされていない人がいます。これまであまりメルカリやメルペイを使っていなかった人は表示に時間がかかっているようです。

メルカリアプリを開いたときに、「お金を借りる」というボタンが表示されていれば、申し込みが可能です。

※2021年10月現在、申し込み殺到のため新規申し込みを停止しています。再開は未定です。

メルカリにはもう一つ、メルペイスマート払いというサービスがあります。こちらはお金を借りるのではありませんが、今月利用した分を翌月にまとめて生産ができるので、支払いを遅らせることができるサービスです。

クレジットカードがなくても後払いが可能なので、今どうしても手元にお金がないけれど買わなければならないものがあるというときに便利です。

翌月の1日から末日までのタイミングで精算すれば良いので、タイミングによっては2ヶ月近く支払いが先になります。

また、一定の支払額を決めて返済する定額払いもあります。実質年率は15.0%なので、リボ払いをイメージしてもらえば良いかと思います。

定額払いは審査が必要ですが、なるべく小さい額で返済していきたいと思う方は申し込んでみてはいかがでしょうか。

【メルペイスマートマネー】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上70歳以下
申込要件 ・引き落とし用口座を登録すること
・本人確認済みであること
・メルペイスマートマネーの審査を通過すること
実質年率 3.5%〜15.0%

CREZIT

CREZITは2020年3月にサービスを開始したばかりで、まだ知名度は低いかもしれませんが、若い人を中心に利用されている少額ローンです。

利用限度額は、ベーシックプランが10万円、プレミアムプランが50万円とそれほど高くはありません。

ベーシックプランは返済期間が最長3ヶ月、3回でその間金利が0%です。

若者が、お金が足りないことで様々な機会を損失していることを解決したいという創業者の思いもあり、アルバイト収入などがあれば学生でも申し込みは可能です。

CREZITの特徴は、利用限度額を返済実績によって上げていけるところです。

たとえば、最初の審査で利用限度額が1万円だったとしても、借りる→返済するを繰り返していけば信頼度が上がり、3万円、5万円と利用限度額が上がっていく仕組みです。

申し込みから借り入れまでスマホ一つでできますので、カードの発行もなく、原則として自宅や会社への電話連絡もありません。

消費者金融カードローンの審査を通る自信がない、収入が少ないけれどほんの少しでいいから至急借入したいという方におすすめの少額ローンです。

【CREZIT】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上
申込要件 安定した収入と返済能力のある人
実質年率 ・ベーシックプラン:0%
・プレミアムプラン:15.0%

ファミペイ翌月払い

ファミペイはファミリーマートが提供しているペイサービスです。

お金を借りるのとは少し違うのですが、メルカリのスマート払いと同じく「翌月払い」ができるサービスです。

ペイサービスなので、通常は事前チャージが必要なのですが、チャージ残高が足りなくなってもあとでまとめて精算できます。

1日から末日までの1ヶ月の使用分を翌月の27日にまとめて引き落とします。

銀行口座の登録と本人確認書類が必要ですが、18歳以上から申し込めます。

一応審査はあるものの、申し込み当日から利用ができるので、カードローンに抵抗のある人やクレジットカードを作りたくない人も利用しやすいのではないでしょうか。

【ファミペイ翌月払い】

条件等 内容
申込年齢 18歳以上
申込要件 ・銀行口座登録
・本人確認
実質年率

バンドルカード

バンドルカードは、クレジットカードと同じように使えるのに、審査も年齢制限がないため、カードローンの審査で落ちてしまった人でも使えます。

VISAのプリペイドカードでアプリをダウンロードすればたった1分で誰でもバーチャルカードを発行できます。

通常はチャージをして使うものですが、「ポチっとチャージ」を使うと今お金がなくてもチャージができて、翌月末までに支払えばOK。

1回のチャージにつき所定の手数料がかかりますが、ピンチなのにカードローンの申し込みは不安、という方でも使いやすいサービスです。

【バンドルカード】

条件等 内容
申込年齢 特になし
申込要件 特になし
実質年率 チャージ金額3,000円〜50,000円につき
510円から1,830円の手数料

消費者金融カードローン以外で即日お金を借りる方法

消費者金融カードローンでは審査に通るかどうか不安、カードローンを利用することにまだ心理的な抵抗がある人は、他の方法も検討してみましょう。

信販会社のカードローンを利用する

信販会社とは、ジャックスやオリックスなど販売信用取引を行なっている会社のことで、クレジットカードの発行や個人向けのカードローンサービスも行なっています。

消費者金融ほどではないですが、比較的融資も早く、早いカードローンと差別化するために金利の優遇サービスなどを行なっているところが多いです。

最短即日審査完了のJCB CARD LOAN FAITH

JCBが提供するカードローンです。通常はリボ払いで返済しますが、5万円までの借入でキャッシング1回払いを利用すると実質年率が5.0%まで下がります。

最短で当日審査が完了し、それからカードを発行しますので、最短3営業日で手元にカードが届きます。

ただし、申し込み要件がやや厳しく、定期的に収入を得ている会社員でないと審査通過が難しいでしょう。

【JCB CARD LOAN FAITH】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上58歳以下
申込要件 仕事をしていて毎月安定した収入のある人
(給与収入のない個人事業主、学生、パート、アルバイトは不可)
実質年率 4.4%〜12.50%

最短即日融資も可能なオリックス・クレジトのカードローン

オリックス・クレジットが提供する「VIPローンカード」は、最短即日で借り入れが可能です。

申し込みから契約まですべてWEBで完結します。平日の14時30分までに手続きが完了すれば、その日のうちに振込キャッシングができます。

【VIPローンカード】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上69歳以下
申込要件 毎月定期収入のある方
実質年率 1.7%〜17.8%

学生ローンを利用する

未成年で消費者金融カードローンが利用できない人や、ほんの少しでいいからなるべく借りやすいところはないだろうか?と探している学生の方には、学生ローンをおすすめします。

消費者金融カードローンは未成年ですとどれほど収入があっても申し込みすらできませんが、学生ローンなら借りられます。

ただし未成年の場合は親権者の同意が必要なので、親に内緒で借りることはできません。その点だけ注意してください。

また、学生ローンすべてが未成年OKではないので、申し込み年齢はよく確認しましょう。

学生ローンでよく利用されているのは、以下のローンです。18歳以上で利用可能です。

会社名 カードローン 特徴
カレッヂ 学生ローン ・全国どこでも振込キャッシング
・全国のセブンイレブンで使えるカレッヂカード
・実質年率17.0%
・14時までの審査完了で当日振込可能
アミーゴ 学生ローン ・融資決定後最短10分で振込
・実質年率14.40%〜16.80%
・収入証明書があると16.20%
・学費目的ローンは15.60%
フレンド田(でん) 学生ローン ・即日融資可能
・実質年率12.00%〜17.00%
・友達を紹介すると紹介料あり
 

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

今持っているクレジットカードの限度額を確認してください。キャッシング枠がついていれば、その枠を利用して借り入れができます。

ショッピング枠の一部として設定されている借り入れ専用の枠ですので、この範囲内でATMを使って現金を引き出すか、振込を依頼することができます。

審査なしで借り入れできるとても便利な方法です。

ただし、そのクレジットカードで使える利用限度額の範囲内でショッピング枠と分け合って使うような形になっているので、使い方には気をつけましょう。

たとえば総額で50万円の利用限度額が設定されているカードで、キャッシング枠が10万円だったとしましょう。

上限の10万円までキャッシングをすると、ショッピングで使える金額は40万円になります。50万円ではないところに注意が必要です。

また、すでに50万円分をショッピングで使ってしまっていると、キャッシングはできないことになります。

金利はだいたい17.0%〜18.0%程度のところが多いので、消費者金融カードローンとあまり変わりません。

もし手持ちのクレジットカードにキャッシング枠がついていなかった場合、改めて申請をして、審査を受けることになります。

この審査はクレジットカードを作るときの審査とはまた別になるため、実際にキャッシングができるようになるまで数日〜1週間程度かかる場合もあります。

急いで借りたいけれどクレジットカードにキャッシング枠がついていないという時には、消費者金融カードローンに申し込んだ方が早いです。

ゆうちょ銀行の自動貸付を利用する

ゆうちょ銀行に定額貯金を持っているなら、その定額貯金を担保として自動的にお金を借りられる便利なシステムを利用できます。

たとえば10万円必要なのに口座には5万円しかないという時、10万円を引き出せば自動的に5万円を補ってくれるというサービスです。

定額貯金が担保になりますので、審査が不要です。

  • 現在無職の人
  • 仕事をしていない専業主婦
  • ブラックリストに入っていてカードローンの審査に通らない人

などでも借りられます。

借りられる金額ですが、

  • 担保定額貯金または担保定期貯金の90%以内
  • 1冊の総合通帳につき300万円まで

となっています。

返済は貸付の日から2年以内となっていますが、月に1回などの回数は決まっておらず、口座にお金を入れることで自動的に返済となります。

なお、使い始めの時だけ総合口座の手続きが必要ですので、窓口に1度行く必要があります。

  • 総合口座通帳
  • お届け印
  • 本人確認書類

を持って、窓口に行ってください。

本人確認書類は、運転免許証など顔写真の入っているものなら1点でOKですが、健康保険証など写真のないものは2点必要となります。

貯金名 金利
担保定額貯金 返済時の約定金利(%)+0.25%
担保定期貯金 預入時の約定金利(%)+0.5%

生命保険の契約者貸付制度

解約返戻金が戻ってくるタイプの生命保険に加入している人は、その返戻金を担保にしてお金を借りることができます。

担保があるので無審査です。

それならば、生命保険自体を解約してしまえばいいと思うかもしれませんが、それは非常にもったいないです。

もし解約している間に事故に遭ったり病気にかかったりしたら、保障が受けられなくなってしまいます。

また、一度解約してから再度入ろうとすると、年齢を理由に保険料が高くなりますので、毎月の支払いが大変になります。ですから、解約せずに返戻金を担保にしてお金を借りた方が安心です。

契約者貸付は特に審査がありませんので、手続きがスムーズに済めば当日に借りられる可能性もあります。

主な生命保険会社の融資時間は以下の通りです。

生命保険会社 最短融資 特徴
第一生命 即日 振込くんを利用して平日の14時30分までに手続き
住友生命 即日 平日14時30分までの手続き
かんぽ生命 即日 平日15時までの手続き
明治安田生命 即日 電話またはインターネット
日本生命 即日 平日14時30分までの手続き
ソニー生命 翌営業日 平日16時までに手続き

金利は各社で違いますが、およそ2.0%〜6.0%と非常に低くなっています。

担保があるからですが、一般的なカードローンと比べるとかなり低く、契約者貸付を利用できる人はこちらを利用した方が返済は楽になるでしょう。

また、契約者貸付は返済期限が特に決まっていません。カードローンのように毎月返済していくのではなく、余裕がある時に返済をすればいいので返済計画が立てやすいでしょう。

ただし、完済する前に何かしら保険を請求しなければならない事態になった時や保険が満期を迎えた時、受け取る保険金が減ってしまいます。

貸付金を長期間返済せずにいると、保険契約自体が失効してしまう場合もありますので、借り入れする前に条件をしっかりと確認することが大切です。

質屋を利用する

審査なしでお金を借りたいなら、質屋を利用するのもありです。

預けるものの価値に応じた金額が借りられますので、ある程度高価なものを持っている必要がありますが、最近では趣味の品などでもお金を借りることができる場合があります。

  • 高級なお酒
  • アイドルグッズ
  • レア物のフィギュア

など、お宝となるものはあるので、質入れできそうなものがないか家の中を探してみましょう。

質屋といってもそれぞれに得意分野がありますので、持ち込む前に預かってくれるかどうか、電話またはメール等で確認することをおすすめします。

万が一返済できない時は質流れになるだけなので、督促されることもありません。

お財布を無くした時は公衆接遇弁償費用

上限が1,000円と小さいですが、お財布をなくして家に帰れないという時には、交番でお金を借りることができます。

公衆接遇弁済費といい、

  • 警察署
  • 交番
  • パトカー

などで対応してもらえます。

支給ではなく貸付なので、もちろん返済することが前提です。

ただし、家族がいて迎えに来てもらえる人などお金を借りる以外の手段がある人には貸してくれないので気をつけましょう。

自営業者・個人事業主は事業資金ローンを利用するのもあり

カードローンの審査は毎月、定期的に収入を得ている会社員が断然有利です。

収入が不安定な個人事業主などは審査通過がやや厳しいこともあり、カードローンを借りるのが難しいかもしれません。

お金の使い道が生活費ではなく事業としてのお金なら、自営業者向けのローンを利用してみてはいかがでしょうか?

用途が絞られているため、カードローンと比べると金利が低めの傾向にあります。書類を用意する手間はありますが、返済が楽になるなら検討する価値はあるでしょう。

プロミス自営者カードローン

融資限度額は300万円ですが、早ければ当日融資も可能です。事業資金としてはもちろん、生活費として利用することも可能です。

申し込み方法は、自動契約機、電話、店頭窓口のみになります。WEBからの申し込みはできないので注意してください。

収入証明書として、

  • 確定申告書
  • 青色申告決算書または収支内訳書

が必要です。

また、事業実態を確認する書類として、以下の書類が必要です。

  • 受注書
  • 発注書
  • 納品書
  • 請求書
  • 領収書
  • 営業許可証

など。

規模額が100万円以下の場合は1点、100万円を超える場合は2点必要です。

【自営者カードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上65歳以下
申込要件 自営業者
実質年率 6.3%〜17.8%

アコムビジネスサポートカードローン

インターネット、店頭窓口、むじんくん、電話、郵送で申し込みが可能です。店頭窓口で申し込むと、簡易審査の結果をその場で教えてくれます。

契約手続きは店頭窓口かむじんくんになるので、お店に行った方が早いかもしれません。

カードの受け取り後すぐに借入できるので、早ければ当日中の融資が可能です。

直近1期分の確定申告書Bの写が必要です。また、100万円を超える希望額の場合は青色申告決算書または白色申告収支内訳書が必要です。

【自営者カードローン】

条件等 内容
申込要件 業歴1年以上の個人事業主
実質年率 12.0%〜18.0%
※100万円以上の場合12.0%〜15.0%

他にもある!できるだけ早くお金を借りる方法

即日とはいきませんが、できるだけ早く融資してもらえる方法をご紹介します。

学生ならろうきんの就職内定者向けローンを利用する

ろうきんとは「労働金庫」のことで、労働者のための金融機関です。全国をブロックに分けて、各地域の本店が13カ所、店舗は600店舗を超えます。

  • 労働組合の組合員
  • 生協の組合員
  • その地域に住んでいる人、働いている人

が対象となります。

就職内定者向けローンは、まだ実際に働いていなくても就職先が決まった学生が利用できるローンです。

長野、東海、静岡のろうきんで取り扱っています。

返済は仕事が始まってからでよくて、引越し費用や新生活の準備、卒業旅行のためのお金が足りない時に便利です。

金利は各ろうきんごとに違いはあるものの、3.0%〜8.0%程度と、消費者金融カードローンと比較するとかなり低くなっています。

ちなみに、すでに仕事をしていれば、ろうきんの一般向けカードローンが利用できます。こちらも10.0%には満たない低金利となっているので、ぜひ検討してみてください。

従業員貸付制度

勤めている会社に、従業員用の貸付制度はありませんか?

福利厚生の一環として導入している企業がありますので確認してみましょう。給料の前借りとは違い、会社の利益の中から従業員にお金を貸し出す仕組みになっています。

使途が限定されていることが多いですが、カードローンの審査と違い、信用情報などを確認されることがありません。

社内の規定に沿って審査し、通過すれば給料とは別に振り込んでもらえます。

友人、知人にお願いする

オーソドックスな方法ですが、少額で良いなら友達や知人を頼るという方法もありです。

利子については、もしかしたらなしにしてもらえる可能性もありますし、返済期限についても相談の余地があるでしょう。

お金が必要な事情を話し、誠意を持ってお願いしてみてください。

ただし、親しき仲にも礼儀ありです。借りる際は、金額にかかわらず借用書を作り、期限までに必ず返済するようにしましょう。

ここで信用を無くすようなことをしてしまうと、善意でお金を貸してくれた人だけでなく、その周辺の人たちとの関係も壊れてしまうことになります。

貸してくれた人の善意を無駄にしないよう、何があっても返済する気持ちでいてください。

審査に通りにくい人がお金を借りる方法

消費者金融カードローンは、年収が高いことはあまり重要でなはなく、安定かつ継続しているかどうかが大切です。

ですから、パートでもアルバイトでも毎月きちんとお給料をもらっている人は審査に通る可能性が高いです。

しかし、収入があっても審査に通りにくい人がいます。

  • 他社からの借り入れがすでにある人
  • 過去に滞納を繰り返し、信用情報に傷のある人

このような人は、別の方法を検討しましょう。

中小消費者金融を利用する

消費者金融の中でも、大手は審査が厳しいですが、中小消費者金融なら相談の余地があります。

決して審査が甘いわけではないのですが、事情を話し、返済計画についても真摯に相談すれば審査を通過できる可能性があります。

当然ですが、中小といえども消費者金融ですから、安定した収入があることが条件であることに変わりありません。

無職・無収入では審査に通りませんので気をつけてください。

会社名 カードローン 特徴
フクホウ キャッシング・ローン ・実質年率7.30%〜18.00%
・即日融資可能
・レディースキャッシングもあり
フタバ カードローン ・実質年率14.959%〜19.945%
・他社の借入が4社以内であること
・レディースキャッシングもあり

おまとめローンを利用する

すでに複数の借入があり、今どうしてもお金が必要な理由が他社のローンの返済であるなら、おまとめローンを使って一度借り入れを整理するというのも検討してみてください。

借入先が多いほど、新たなカードローンの審査に通りにくくなっているでしょう。

おまとめローンは複数ある借り入れを1本化するための商品なので、総量規制の対象外となります。合計して年収の3分の1を超えてしまっても大丈夫です。

おまとめローンは借金を1本化することにより

  • 金利が下がる可能性がある
  • 返済総額が減る可能性がある
  • 返済日が1つになって管理しやすくなる

などのメリットがあります。

消費者金融カードローンでも、おまとめ用のローン商品があります。

会社名 カードローン 特徴
プロミス おまとめローン ・300万円まで
・実質年率6.3%〜17.8%
・他の貸金業者からの借入に限る
アイフル おまとめMAX ・800万円まで
・実質年率3.0%〜17.5%
・銀行ローンもOK
アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン ・300万円まで
・実質年率7.7%〜18.0%
・貸金業者からの借入に限る

借金の返済が辛い時は債務整理も検討しよう

もし、すでに借金がふくらんでいて返済が厳しくなってきている人は、思い切って債務整理をするという方法も検討してみてください。

債務整理とは、債権者と交渉して借金の支払いを減らしてもらったり、支払い期限を伸ばしてもらうなど、今よりも返済を楽にしてもらうことです。

もちろん債権者が認めてくれなければできないことですが、今の状態で完済が難しいとなったら、生活が破綻する前に弁護士に相談して債務整理の手続きをした方が良いでしょう。

返済は今より楽になりますし、取立てもストップします。放置して自己破産してしまうよりもずっと良いはずです。

公的機関を利用する方法

即日は難しく、場合によっては時間もかかるのですが、とにかく金利が低いので、少しでも返済を楽にしたいと思っている人は検討してみてください。

緊急小口資金

緊急小口資金は、生活保護は受給していないけれど、緊急的に支援が必要な低所得者世帯に貸付されるものです。

公的融資の中でも融資までの時間が最も早い部類になりますが、最低でも1週間、現在はコロナ禍で申請者が増えているため、2週間ほどかかる場合もあります。

貸付限度額は10万円、無利子です。コロナ禍の現在は、事情によっては20万円まで借りられます。

  • 失業して仕事が見つからない
  • 災害等で被災した
  • 急な病気、ケガ
  • 盗難等にあって生活ができない

などの事由に該当する方が対象です。

おすまいの市区町村の社会福祉協議会で相談を受け付けています。

総合支援資金

失業したなどの理由で生活が成り立たないという人のために、生活再建を支援する資金を貸付しています。

就労支援とセットになっていますので、働く意思のあることが求められます。

  • 今は仕事がないけれどなんとか生活を立て直したい人
  • 就職に必要な準備をしたい人

などが対象です。

3種類の貸付がありますので、該当するものの申請をすることになります。

貸付の種類 内容 金額
生活支援費 生活を立て直すための費用
  食費や衣類の購入などの生活費にあてられる
・2人以上の世帯:月20万円以内
・単身世帯:月15万円以内
住宅入居費 賃貸契約を結ぶための費用 ・40万円以内
一時生活再建費 生活支援費だけでは賄えないもの
  債務整理に必要な弁護士費用
  就労に必要な資格取得費など
・60万円以内

不動産担保型生活資金

65歳以上の高齢者におすすめしたいのは、不動産を担保にしてお金を借りる方法です。

自宅を手放すことなくお金を借りることができます。返済は、融資期間が終わった時または借主が亡くなった時に不動産を売却します。

借入額は不動産評価額の7割、月額30万円までです。

不動産の評価などが必要なため借り入れまでに時間はかかりますが、低所得だけれど持ち家があるという人は検討してみてください。

なお、マンションなどの集合住宅は対象となりませんのでご注意ください。

求職者支援資金

職業訓練受講給付金とはハローワークや訓練実施期間で職業訓練を受ける時に受給できる給付ですが、それでは足りず、生活が厳しい場合には求職者支援資金を借りることができます。

単身者世帯 配偶者または子供がいる世帯
貸付限度額 月5万円×受講月数 月10万円×受講月数

生活サポート資金などマイクロファイナンスを利用する

マイクロファイナンスとは、「助け合い」の精神で生活困窮者や多重債務者に貸付をしている非営利団体の総称です。

特定の地域に住んでいる人しか借りられないというデメリットはあるものの、カードローンの審査を通らない人でも借りられる可能性があります。

たとえば生活サポート基金では、

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉

に住んでいる人を対象にしており、金利12.5%で貸付をしています。

営利目的の団体ではないので、相談などが前提となっており即日融資はできません。ただ、本当に生活を立て直したい、話を聞いて欲しいという方はぜひ利用してみてください。

マイクロファイナンス 対象地域 実質年率
生活サポート基金 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県 12.5%
グラミン日本 東京都の一部 6.0%
グリーンコープ生協 福岡県・熊本県・大分県・山口県・長崎県・鹿児島県・佐賀県 9.5%
消費者信用生活協同組合 岩手県・青森県 9.1%~10.95%

借りる以外にお金を作る方法も検討しよう

どうしても困った時、お金を借りる以外にピンチを凌ぐ方法も知っておくと何かと助かります。

特に、

  • 20歳未満の人
  • 無職の人

など、カードローンの申し込みができない人はお金を借りることが難しいので、借りる以外にできることはないか、検討してみましょう。

公共料金の支払い猶予を申請する

電気やガス、水道料金の支払いが厳しい!というときには、猶予できないかお願いしてみます。

猶予なので免除してもらえるわけではありませんが、本当に払えなくなってライフラインが止まったら困りますので、お金が入るまで猶予してもらうように電話してみてください。

日払いのアルバイトをする

すぐに現金を手に入れるには、働くというのも一つの方法です。

日払いのバイトをすれば、即日ではないにしても数日〜1週間程度でお金が入る可能性があります。

クラウドソーシングで仕事をする

働きに出ることが難しい、パソコンを使った仕事を家でやりたいという人は、クラウドソーシングで稼ぐという方法もあります。

実際に振り込みがあるまで1ヶ月以上かかることもありますが、まとまったお金を手にできるでしょう。

データ入力など、タイピングができれば受けられる仕事もありますし、特に資格は必要ない仕事もたくさんあります。

これをきっかけに副業もしくはフリーで働くという方法も模索できますので、家でコツコツ稼ぎたい人はぜひチャレンジしてみてください。

不用品を売る

身の回りにある不用品をとにかく売りましょう。

不用品を買い取りしてくれる店に持っていくのも良いですが、店ですと買い取ってくれる商品が限られてきます。

並行してメルカリなどのフリマアプリも使い、いらないものをどんどん出品します。たとえば、コスメなどを出品している人も多く、セットのものを小分けにして出すなどさまざまな売り方があります。

フリマアプリは発送する手間もありますし、すぐに売れない場合もありますが、捨てるはずのものがお金になる可能性があります。

趣味の品などをオークションサイトで売る

家の中にある古いものは、フリマアプリよりもオークションサイトの方が高値がつく可能性があります。

ヤフオクなどで出品されているものを見て、うちにこんなものはないか?と探してみましょう。

ポイントサイトで稼ぐ

隙間時間にアンケートに答えたり、資料請求などをして稼げるのがポイントサイトです。

まとまったお金にはなりにくいものの、月に1〜2万円稼ぐ人もいます。

参加型のアンケートモニター

ポイントサイトよりも稼ぎたい人は、アンケートモニターに登録してみましょう。

座談会などに参加すると、5,000円〜15,000円ほどの報酬がもらえることもあります。

人気のモニターは抽選になってしまうこともありますが、月に数回参加するだけでもそれなりの稼ぎになるのではないでしょうか。

動画配信で投げ銭をもらう

趣味と実益を兼ねて、動画配信で投げ銭を獲得するという方法もチャレンジしてみませんか?

投げ銭とは、動画を見ている人が配信者にお金を送る行為ですが、動画の人気が高まってくると、それなりの収入になってきます。

もちろん始めたばかりですぐに収入が増えることはないものの、副業を兼ねてチャレンジしてみるのはありでしょう。

お金がなくなった理由を把握することも大事!

誰でも急な病気で休職を余儀なくされたり、会社の業績が悪化して仕事を失ってしまったり、不足の事態は起こります。

蓄えがあればしばらくはしのげるものですし、本当に困った時は行政を頼るという手もあります。

しかし、何もしていないのにだんだんお金がなくなっていくということはありませんし、急に生活に困ることもありません。何かに使っているから、お金がたまらないのです。

もし、特に何か大きなこともなかったのに、「なんとなく」いつもお金がない状態だという人は、普段のお金の使い方を見直す必要がありそうです。

まずは家計簿をつけてみましょう。挫折しないように、そんなに細かくつける必要はありません。

今は、レシートの写真を送信するだけで簡単に家計簿をつけてくれるアプリなどもありますから、そういったものを上手に使って収支を把握しましょう。

その上で、月に1,000円でもいいです、できれば10,000円以上、貯める癖をつけましょう。1日100円という、小さな単位でもいいでしょう。自分が今すぐできる範囲でやってみてください。

ダイエットと同じで、普段の行動を把握することが第一歩になります。

日々支出を意識することで、買い物の時に「あ、これ必要ないのに買おうとしてる!」などと気づくきっかけにもなり、だんだんお金が貯まる人になっていきます。

今すぐお金を借りるなら

どうしても支給お金が必要!というピンチの時、手早くお金を手に入れるなら消費者金融カードローンが安全で最も早い方法です。

消費者金融という言葉に、法外な金利を取られるのでは?取立てが厳しいのでは?などの誤ったイメージを持っている方もいますが、そのようなことは決してありません。

今回ご紹介しているカードローンは、法律を遵守した会社が運営するサービスであり、早ければ申し込んで1時間後には融資が受けられる可能性もあります。

あわせて、数日かかってもいいからできるだけ金利を抑えたい人や、公的機関を利用したいという方の情報もまとめていますので、ぜひ比較検討してみてください。

閉じる
閉じる